メインイメージ      

Archive for the ‘恋愛を長続きさせる方法’ Category

六本木ヒルズの多目的トイレでデートしたがる彼は体目的だから?本音を分析!

2020-06-15

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

アンジャッシュの渡部健さんが

「六本木ヒルズの多目的トイレで、彼女(不倫関係)との逢瀬を繰り返していた」

というニュースが報道されましたね。

実は、つぐみ恋愛相談所にもこんな相談が来ることがあります。

「1年半付き合っている恋人がいます。
お互い実家暮らしなので、デートの時はホテルを使うことがほとんど。

先日、ショッピングモール内の多目的トイレで関係を持ってしまいました。
半ば強引に押し切られたとはいえ、本当に使いたい人に申し訳ない気持ちでいっぱいで…

とても気になったのは、彼がホテル代を節約したかったのではないか?ということ。
お金を使いたくない=私への気持ちが冷めたんでしょうか…」(27歳女性 会社員)

多目的トイレでの逢瀬=節約?

多目的トイレで体の関係を持つことは、社会的にはルール違反です。
この記事ではルール違反の問題はさておき、 多目的トイレをデート場所に組み込もうとする男の心理について言及します。

「やったことはないですが、多目的トイレをデート場所にする男の気持ちは理解できます。
『誰かに見られるかも…』
という背徳感で安全なホテルより興奮するんじゃないですか?
彼女を大切にしないとかではなく、性癖の問題が大きいと思います」(39歳男性 不動産)

性癖を理解すれば、かけがえのない人に!?

付き合っている男性が

・多目的トイレで関係を持とう
・こういうコスプレをしてくれ
・お姉さま、ハイヒールで踏んでください
・エロい写真を送れと言われた

など、ちょっと(かなり?)変わったプレイを申し出たとします。

彼と適当なところで別れたい場合は、全力で拒否してもいいです。

ですが、あなたが彼のかけがえのない人になりたいなら…。
120%付き合いましょう!

「そんなの嫌よ!」
「は?変態じゃん?」

などと言われたら、二度と頼みたくないと思いますし、ショックでよそよそしくなるかもしれません。
 
男性にとって、自分の性癖を打ち明けるというのは、女性が体重を話すことと同じ。
あなたが自分の体重を彼に告げて

「ふーん、ずいぶん重いね」

なんて言われたら、嫌な気持ちがしませんか?

どうしても抵抗がある場合は
「急に言われて、どうしていいか困っている。でもあなたが好きだから、理解はしたいと思っているんだ」
と伝えてあげましょう。

性癖を打ち明けるということは、そのくらいあなたに心を許そうとしているとも言い換えられます。
なかなか、これができる女性はいませんので、一気に縁が深まることは間違いなし!

緊急事態宣言!おうちデートをしたい私と「今は自粛キャンセルしたい」彼の本音

2020-04-09

つぐみ恋愛相談所の恋愛コンサルタント、橘つぐみです。

新型コロナウイルスが世間で問題になってから、相談が殺到しているので、メチャメチャよくあるパターンをご紹介します。

彼とは付き合って2年です。
コロナウイルスの問題が出てからは、人混みを避けて家デートをしていました。
緊急事態宣言の後も同じようにするつもりでしたが、彼が

「今、コロナに感染するのは良くないから、会うことを自粛しよう」

と言ってきました。
私としては、コロナが終息するのはいつかわからないので、無理のない範囲で顔を見たいと伝えたんですが…
本当に病気を恐れていて「自分がうつったらヤバイ」と思っているようです。

結婚も考えていましたが、こんなに会えないままで結婚に向かえるんでしょうか?
(28歳女性 会社員)

結婚に向かえるかと言われると、このままでは無理ですね!

だけど、がっかりしないでください^^

ちょっと発想の転換をすると、今までよりラブラブになって終息後に結婚…ということもできます。

 

緊急事態宣言で彼がデートをやめたがる本音は3つ!

彼は緊急事態宣言でデートをしたがらない、会わないようにしようと思っているようですが、その理由は2つあります。

1.自分が無症状感染者だったとしたら、あなたにうつしたら大変!
2.あなたが無症状感染者だったとしたら、彼本人にうつしたら大変!
3.世間の騒ぎを気にしすぎ(テレビの見過ぎです)

1の場合は、あなたを愛するがゆえですね。
ですから、あなた自身が

「彼の顔を見ることでどれだけ元気になれるか」
「存在を感じられなければ、気持ちが冷めてしまって終息後に付き合える自信がない」

ということを、できれば電話で話しましょう。
ZOOMでもいいですよ!
LINEはすれ違いが増えるので、通話にしましょう。

2の彼は、自己中心的ですね。

無症状で感染している可能性があるのは彼だって同じ。
それなのに、あなただけのせいにする人は、結婚後、何かあった時
(子供がなかなかできないなど)も、あなたのせいにするかもしれません。

 

緊急事態宣言での彼の振舞いは、あなたに対する想いそのもの!

彼がどんなに高収入でイケメンでも、緊急事態になると人は昆虫になります。

要するに、目の前の出来事に本能的にビビってしまうんですね。

彼がテレビやインターネットのニュースを気にしすぎている3の場合、単に昆虫になっているだけといえます。
3の彼は、2よりマシです。

あなたが

「彼の顔を見ることでどれだけ元気になれるか」
「存在を感じられなければ、気持ちが冷めてしまって終息後に付き合える自信がない」

 

と、繰り返し電話で伝えれば、会う方向に気持ちが傾くでしょう。

 

【まとめ】緊急事態宣言でデートをするかどうかは2人が納得いくまで話し合う!

 

「彼の顔を見ることでどれだけ元気になれるか」
「存在を感じられなければ、気持ちが冷めてしまって終息後に付き合える自信がない」

 この2点を繰り返し伝えること。

彼が「自分がコロナをうつすんじゃないか…」という考えなら終息後に結婚OK!
あなたのせいにだけする彼とは、付き合いをよーく考えなおして。
昆虫になっている彼に対しては、愛を持って見守りましょう!

簡単に書きましたが、恋愛のパターンは人それぞれ。
もっと細かい話が聞きたい場合はつぐみ恋愛相談所まで!

彼氏に借金が!別れる?別れたくない?

2019-03-03

「付き合っている彼氏に、借金があることがわかった!
それ以外は、特に問題がないと思うし、一緒にいて楽しいんですが…
結婚も考えた場合、付き合いを続けるべきでしょうか?」

このような相談を、あなたの親や先輩にした場合
「別れるべき」
と言うことが多いでしょう。

とはいえ、既に同棲していたり、結婚の約束をしているような場合は
別れるか別れないか、すぐに決めるのは難しいと思います。

今回のコラムでは、彼氏に借金が発覚した場合、どうしたらいいかをまとめたいと思います。

1.どこからいくら借りているのかを把握する

借金といっても、家や車のローン、奨学金であれば、それほど深刻に考えなくても
いいといえるでしょう。
彼がバツイチの場合、家のローンを養育費代わりに支払っていることもありますから。
奨学金は仕方がないですが、新卒から支払っているなら30代半ばで返し終わります。

問題なのは、自分の浪費やギャンブルのため、100万とか200万を、金利の高いところから借りている場合です。
100万程度の借金なら、数年で返すことができますが、こういうことをする性格の人は
必ずまたどこかから借りるからです。

2.あなたに財布を預けてくれるかどうか

借金のある彼氏と結婚をする場合、あなたが家計を握らなくてはいけません。
こういう性格は持病のようなものなので、彼に余分なお金を持たせると、
いつの間にかなくなっていることがほとんどだからです。

お小遣い制ではなく「必要な時に、必要な分だけ渡す」やり方がベスト。

基本的に、借金のある彼氏と結婚するのはオススメはできません。
特に、あなたが子供を作りたい場合、しょっちゅうお金のことで喧嘩することが
予想できるからです。

しかし、彼氏が借金を完済し、心を入れ替えてくれそうであれば
幸せになれるかもしれません。

心を入れ替えるということは
「自分は、あるだけ使ってしまうタイプなので、家計は任せる」
と言ってくれること。

どんなタイプでもいえることですが、自分の性格を自分で把握している人は
パートナーとして一緒にいるのがラクといえるでしょう。

付き合ったら、相手に冷める時の対処法

2018-09-21

「片思いしている時は、彼のことが大好きでした。
いざ、付き合いが始まるとなんだか相手の悪いところばかり目についてしまうんです。
彼が私を『キレイだね』とか言っても、なんだか気持ち悪くて」

相手との関係が深まったら、急に気持ち悪く感じてしまう…
こういう状態で悩んでしまう人は、案外多いです。

「自分だけがおかしいのかな?」と思ってしまうようですが、そんなことはありません!

今回のコラムでは、付き合ったら冷める場合の対処法をお送りします。

まず、付き合いが1年以上続かない場合、気づかないうちに相手に冷めているといっていいでしょう。

1.相手のイメージに恋しているから

相手がイケメンだったり、条件が良かったりすると、そういうアクセサリー的なものを
素敵だと思う=好き につながりやすくなります。
私が思うに、自分に自信がない部分を持っている相手を好きになる人ほど、その傾向があります。

例)ルックスに自信がない女性が、イケメン好きになる
収入に自信がない女性が、高収入の男性を求める

条件も魅力も1つなので、そこを好きになるのは構いません。
ですが、次に挙げることとセットになっていると「相手に冷め」やすくなります。

2.自己肯定感が低い

自己肯定感とは
「今の自分、まぁOKなんじゃないかな」
と、心から思えること。

自分自身のことが好きでない場合、片思いをしている間は、
「こんな自分だから好きになられるはずがない」という自分に対する信念に矛盾がなく、
安心感が得られます。

しかし、相手が振り向いてくれて両思いなると、自分自身を好きでない信念が矛盾するので、
「なんで彼はこんな私なんかが好きなの?」と潜在意識が感じ、
その男性をセンスがない人、また趣味が悪いと意識的に、もしくは無意識的に感じるのです。

対策としては、毎朝、起きた瞬間に
「私は彼とうまくいっている」
ことをイメージするのがおすすめです。
デートの場所や店など、できるだけ具体的にするといいですね。

ちょっとおかしい人のようですが、三か月くらい続けるとあなたの脳が
「自分は好きな人とうまくいくんだ!」
と、勘違いを起こしてくれることがあります。

恋愛も結婚も、スタートさせるより、続けることの方が難しいもの。
付き合ったら冷めるというのは、言い換えれば「付き合いをスタートさせることはできる」のですから
続ける努力をすれば、今より幸せになれるのですよ。

恋人との転機 別れずにもっとラブラブになれる?

2018-08-26

男女が仲良くなるのに必要なことの代表的なもので
「食事をしたり、遊びに行ったり…」
というものがあります。

私のところに相談にいらっしゃる方も、食事をしたり、遊びにいく段階でいかに相手の心を掴むか…
を、悩んでいる方が多いです。

残念ながら、生涯の伴侶となるためには、それだけでは不十分です。
食事や遊びというのは、苦楽でいうところの「楽」の部分。

もちろん、恋のときめきがある3年くらいは、これだけで十分ですが、
年齢を重ねても相手を大切に思えるパートナーとなるためには「苦」の部分を乗り越える必要があります。

しかし、苦を共にするのは簡単なことではありません。

「病気(出産、転職、起業など)をきっかけに別れました」

という事例は山ほどあり、苦は別れるか、かけがえのない相手になるかの分岐点になるのです。
今回のコラムでは、転機を乗り越えるために必要なステップについてお伝えします。

1.相手の立場になって考える

転機の時は

「病気の人と、介護する人」
「転職(起業)した人と、それを支える人」
「育児する人と、生活費を稼ぐ人」

など、お互いが真逆の立場に置かれることがほとんど。
そのため「自分だけが苦労している」と考えてしまいがちですが、これはNGです。

あなた自身が大変なのはわかりますが、一瞬でいいので相手がどんな気持ちでいるのかを
考えてみましょう。
似た状況の、別の人の話を聞いてみるのでも、新しい発見があるでしょう。

そうすることで「自分だけが大変だ」というスパイラルから抜けることができるのです。

2.お互いの想いを何度でも話し合う

自分だけが大変だと感じていると、相手に対して
「どうして〇〇してくれないの!?」
と、相手が100%悪いという前提で攻撃をしてしまいがち。

これでは、転機をきっかけにわかれる方向にまっしぐら!

あくまでも相手の立場も考慮したうえで
「だけど、私は〇〇してほしいと思う時がある」
と、伝えましょう。

一時的に喧嘩になっても構いません。
自分がどう思っていて、相手がどう思っているのか。
「話し合い→理解→妥協点を探す」
これを繰り返すことで、かけがえのないパートナーになるのです。

これらのステップはとても面倒なので、話し合いをせずに耐えて、
自分の役割だけをこなすこともできるでしょう。
しかし、それでは2人の関係は保てても、深い溝ができた状態になってしまいます。

転機とは、ある日突然雷が落ちるように起きることがほとんど。

「あなたたちなら、乗り越えられますよ」

という天からのメッセージなので、もっと素敵な2人になれるチャンスなのです。

彼氏とケンカをした時に、仲直りをするポイント

2017-09-03

「恋人とケンカをしてしまうと、どっちも意地の張り合いみたいになって、長引いてしまうんですよ」

ケンカの後、仲直りがなかなかできないというお悩みはかなり多く、その多くの問題はアンビバレントを知ることで解決できると言い換えられます。

アンビバレントというのは、2つの感情が同時に存在する状態のことをいいます。

心理学の教科書などでは、アンビバレンスとsplitting「スプリッティング」を比べて 「人は幼児期には往々にして両親についてスプリッティングな見方をするが、 成長するにしたがってアンビバレントな見方をするようになる」 といったような説明をしていることがあります。

ここで言う「スプリッティング」とは、「ママが大好きだから、パパは大嫌い」というような精神状態ですね。
言い換えると、対象ごとにひとつの感情だけが存在している状態なんですね。

今度は、何かの拍子に母親の事を嫌いになると、今度は
「ママは大嫌いだから、パパが大好き」
といった精神状態に切り替わるわけです。

そのような精神状態が、年齢を重ね、精神が成長するとともにアンビバレントな状態になると、解釈しているわけです。
つまり「パパもママも、このような長所があるけれど、短所もある。どちらもそれなりに好き」といった具合ですね。

恋愛や人間関係で起こるトラブルの原因の1つに 「相手の言葉を、そのまま受け止めてしまう」 ということがあります。

例えば、パートナーと争いになったとします。

そういう時に 「あなたみたいな人、好きになるんじゃなかった」 という言葉が出るときがあります。

この言葉をそのまま受け止めると 「あなたを好きじゃない」 となりますが、それは、相手の本心ではなかったりするのです。
この言葉が出る前には、お相手はあなたに対して何かガッカリしている場合がありますから、本当の感情は

「もう一度あなたを好きになれるよう、頑張ってほしい」

だったりします。

トラブルが起こった時は、相手の言葉でなく、その裏に含まれた心を読み取るよう、努力してみると、早くに仲直りできるはず!

男性か女性、どちらかが相手のアンビバレントを理解できるのであれば、ケンカになっても早く仲直りできることが増えますよ。

理由はないけど気になる…良い一目ぼれ、悪い一目ぼれの違いって?

2017-05-21

「自分でもよくわからないけど、あの人が好き」
こんな気持ちになったことは、1度くらいはあると思います。つまり「一目ぼれ」ということですね。

【一目惚れからスタートした恋愛は上手くいく確立が高い!?】

恋愛心理学から得られた実験データに、「一目惚れからスタートした恋愛は上手くいく確立が高い」とあります。

実際に、一目惚れから始まった恋愛は、長期間な付き合いに及んだり、結婚に至っているカップルが70%になるというデータがでているのです。

そして離婚率が50%を超えるアメリカでは、一目惚れからはじまった恋愛で最終的に、その相手と結婚したという夫婦の離婚率は、女性で10%以下、男性では20%だともいわれています。

離婚率からみても、この圧倒的な数値の違いをみていただければ、一目惚れからスタートしたカップルは上手くいく確立が高いことがよく分かります。

とは言っても、「一目惚れ」というものは意識的にしようと思って出来るというものでもありません。

そもそも一目惚れとは一体どうして起こるのでしょうか。
一つの例として代表的なものを挙げるとすれば、Tシャツの実験です。

男子学生44人にふた晩同じTシャツを着させて、そのTシャツを、見ず知らずのおよそ50人の女子学生にかがせました。
10段階評価でかいだ感触の好き嫌いを評価させると、女子学生が「これ、いい」といったTシャツを着ていた男子学生は、ある遺伝子の型がかいだ女子学生とはまるで違うタイプだったんです。

つまり、遺伝子のタイプが遠いほど惹かれるという結論になります。

これはタイプの違う者同士がカップルになって子をもうけると、その子はバイタリティーが豊かで免疫力が上がる、と言われています。

自分は持っていない遺伝子をもつ相手に惹かれるのは、違う遺伝子持つもの同士が交配されることにより、よりよい遺伝子になるからだという考えがあるようです。

ここまでは、「よい一目ぼれ」の例です。
一目ぼれであっても、すぐに別れてしまったり、付き合っていてだんだんお互いが辛くなるパターンも、もちろんあります。

 

【悪い一目ぼれのパターン】

一目ぼれの特徴として
「出会った瞬間に、パっと燃え上がり、頂点まで達した後、急に気持ちが冷める」
という流れがあります。

お相手と、とてもうまくいっていて、会った後も心が温かくなり、彼からちょっとくらいメールが来なくても気にしないなら、それほど問題はありません。
気持ちが冷めたと感じても、それは、恋から愛に移行しただけでしょう。

しかし、お相手から連絡が来ないと不安が強くなる、SNSでストーキングをしたくなる、
「○○をしてもらった」という愛情確認をしたくなる場合は、もしかしたら、悪い一目ぼれかもしれません。

悪い一目ぼれが起こる原因の多くは、親との関係にあります。
特に女性の場合は、放っておくと自分の実父と似たような男性と恋愛・結婚をしてしまうことが多いもの。

お父さんが自分を愛してくれた場合はいいですが、そうでない場合、内面のどこかがそっくり(人の心に無関心とか、不誠実とか)な人を選んでしまうことがあるんです。

客観的に考えると、人の心に無関心だったり、不誠実なお父さんは「嫌いだ」と思っていいのです。
しかし、子供の頃は、そういうお父さんであっても「好き」と勘違いしないと、生きていけないので、自分でも気づかないうちに、心を偽るくせがついてしまうんですね。

つまり、実家の父と接している時に感じる寂しさや悲しみと、同じような気持ちを感じる人を選んでしまうというわけ。

恋人選びの基準は、あまり変わらないことが多いです。
放っておくと、今の恋人と別れても、また似たようなタイプを好きになるというパターンを繰り返すことになります。

もちろん、親との関係というのは個人差がありますから「こうだからこう!」と言い切れるわけでは、ないんですけどね。
あくまで一般的には…ということです。

倦怠期やマンネリの向こう側にある、更なるラブラブ期とは?

2017-05-18

恋愛には

1.ラブラブの時期
2.主導権争いの時期
3.倦怠期(デッドゾーンと呼ばれます)
4.更なるラブラブ期

この4つの時期があります。

倦怠期の時期は、結婚していないカップルの場合は別れることになったり、結婚していても「子供の親」「家事をする人、仕事をする人」という同居人のようになったりするケースが多くなります。

3段階の中で、最も大変な時期なんですが、そこを超えると「更なるラブラブ期」というものがやってきます。

「えー、そんなの、本当なんですか?」
と思われそうなんですが、本当にあるんですよ!
今回は「更なるラブラブ期」を迎えるためにやるべきことについて説明いたします。

この段階にくると、最初の頃よりもっと愛着が深まっていることが多くなります。

「年をとっても仲良し」なカップルに話をきくと 「うちだって、昔はいろいろあったのよ…」 とよく言われます。

「いろいろあった」というのは、つまり「デッドゾーンを越えてきた」ということ。
例えば、こんな感じです。

「夫に浮気相手がいたんです。もう、浮気じゃなくて本気だったと思いますけど…
そのことを知った時はショックで、離婚しようと思いましたよ。
ただ、私にも悪いところがあったから、きちんと夫と向き合って修復の努力をしようと思って
それでもダメなら別れようと思いました。

今ですか?
休みの日は、2人でよく出かけています」(65歳 主婦 子供2人 孫2人)

「夫は会社経営をしていたので、それまでは私も優雅に暮らしていました。
ところが、下の子が中二の時、なんと会社が倒産!
私も生活費を補填するためにパートに出たり、夫の仕事の手伝いを何でもやりました。
本当に必死でしたよ。お陰で今は、それなりに仲良くやってます」(54歳主婦 子供3人)

デッドゾーンを乗り越えるのに最も大切なのは 、たった1つ!
「この人と、うまくやっていく」 と、腹をくくることですね。
また、腹をくくる覚悟をさせるかのような事件が起こる場合もあります。
失業や病気など「どうして私(彼)が!?」というような出来事が、天から降ってくるようなカップルもいます。

最近、すぐに別れるカップルが増えていますが「主導権争いの時期」か「デッドゾーンの時期」でつまづいていることが多いのです。

また、主導権争いや、デッドゾーンの時期に新しい相手が現れることも多いです。

が、この時期に新しい相手に乗り換えることを繰り返してしまうと、長く付き合えるいい関係ができにくくなります。
よほど相手がひどい場合は別ですが、付き合った(結婚した)以上は、なるべくこの時期を超えるために試行錯誤することをオススメします。
特に、試練が降ってくる場合は「超えなさいよ」という天からのアドバイスだったりするのです。

恋愛の癖は、相手を何人変えても、本人のマインドに左右されることが多いもの。
「いつも同じところで別れてしまう…」という場合は、もう少し別れることを先延ばしにすることを、強くオススメします。

そして、とても大切なことですが、デッドゾーンの問題が起きた場合、1人で何とかしようと思うと、つぶれてしまいます。
同じ体験をした友人知人、その問題に詳しい専門家、カウンセラーなど、猫の手も借りて解決していく方がいいでしょう。

マンネリや、仮面夫婦になる本当の理由

2017-05-16

付き合ったり、結婚して何年も経過すると「デッドゾーン」という段階にきます。
この段階は、義務と役割にはまったり、燃え尽きてしまったような感じを感じたりする時期。

恋人関係なら倦怠期という感じで、場合によって(新しい相手が見つかるなど)は別れることもありえます。

夫婦の場合は、そう簡単に別れるわけにはいきませんから、お互いが「義務は果たしているよね」という関係になることが、このパターン。

お父さん、お母さんの役割や、給料をもってくる側、家事をする側の役割にはまってしまい、愛を感じない二人になってしまったり。
二人の間に倦怠期が生じて、この先の夫婦関係、愛、SEXに関してあきらめ、絶望を感じてしまったりするような感じです。

 

結婚している場合、義務は果たしているので、円満な家庭に見えることもありますが、実際はそうでもなかったりすることがほとんど。
どちらかに、別の相手がいることもあります。浮気や不倫も、この時期に起こりやすいんです。

 

心のスキマがある状態なので、他の異性が簡単に入り込めてしまうんですよね。

 

この段階を乗り越えるポイントとして

・ビジョンを持つ
・今までと違ったことをする

この2つがあります。

ビジョンを持つというのは
「パートナーと、どんな関係を作っていきたいのか」を、もう一度考え直すこと。

「今までと違ったことをする」
というのは、コミュニケーションの仕方を変えるということ。
ラブラブ期~主導権争いの時にしていた方法と、逆をやってみるということ。

例えば今まで、厳しめのコミュニケーションをしていた人は、優しめに。
優しくしていた人は、自分の主張をハッキリ言うように…といった感じですね。

とても不思議に思うのですが、デッドゾーンに陥った場合
「ビジョンを持たなければならない」
事件が2人の間に起きる場合もあります。

失業、病気、お子さんが問題を起こす……など。
こうなると、あれこれ考える間もなく、2人で力を合わせなければなりません。

相手を別の人に変えるという方法もありますが、この段階を超える力をつけておかなければ、相手が変わってもまたデッドゾーンにぶつかることがあります。

一人で頑張るのはとても大変なので、既にデッドゾーンを乗り越えた先輩や、カウンセラーなどの専門家の力を借りることを強くおススメします。
そういう人の方が、客観的なアドバイスをくれますからね!
1人ですと、どうしても超える前に気持ちが沈んでしまうことが多いですから。

婚約した途端、ケンカが増えてしまう理由は!?

2017-05-15

「付き合っているときはケンカもほとんどしなかったのに、婚約してから、私たちはケンカばかり。 別れた方がいいんでしょうか?」 というご相談がよくあります。

だけど、別れるのはちょっと待って! と、私はよく言います。

なぜなら、それは、お二人の関係性が『主導権争い』へシフトしたからです!

初期のラブラブの段階をすぎると主導権争いが起きる時期。

「最初はラブラブだったけど、最近、彼のこういう物言いが鼻についちゃって…」

というのは、実は2人の関係が、進展した証拠なんですね。

つまり、不仲だから別れろというほどではないのです。
(何組かのカップルは、この事実に気付かず、別れてしまうこともあります)

主導権争いは何かといいますと、パートナーとの間でやり方の違いが起こりどちらのやり方でやっていくかを争う時期。
デートのやり方、お金の使い方、子供の教育の仕方、SEXのやり方、ご飯を食べる時間、食後はコーヒー派か紅茶派かなどなど!

様々なやり方の違いを自分のやり方、自分の考え方に合わさせようと相手をコントロールしようとするというわけ。

もちろん、カップルによっては
「まぁ、このくらい違うのは普通だよね」
と、ケンカにならない場合もあります。
そのあたりは、お互いの精神の成熟度によるでしょう。

この段階に来た場合、
「相手が自分をコントロールしようとする=愛がない」
と、短絡的に考えてしまうことが多くなりますが、それは間違い。

なぜなら、この段階で「やり方が違う」というのは「合ってないから」ではなく
「日本とアメリカの習慣の違い」みたいなものだから。

アメリカ人の主食がパンだからといって
「米を食べないなんて、私を愛していないからだ」
なんて、あまり考えませんよね?

それと同じなんですよ。

それから、パートナーが「実家とどのようなコミュニケーションをとっていたか」をしるのもカギ。
多分、お相手も気づいていないと思いますが、両親に「こうしてほしかったけど、してもらえなかった」ことを、パートナーに求めていることがあるんです。

主導権争いのポイントは
「今は、主導権争いの時期だ」
ということを理解すること。
ケンカになっても、うまくいっていないからではなく、次のステップに進むための儀式なんです。

また、この時期では、勝てばいいってものじゃありません。
よほど譲れないことでなければ、わざと負けてあげることも大切。

そうして相手を知り、オリジナルな関係を作っていきましょう!
大丈夫。ここを乗り越えてできた関係は、単なる恋愛関係よりずっと強い絆になるんですから。

« Older Entries
Copyright© 2016 つぐみ恋愛相談所 – 恋愛相談から結婚相手の紹介まで All Rights Reserved.