メインイメージ      

Archive for the ‘婚活の悩み’ Category

年下彼氏に、結婚を決断させる方法

2019-08-12

恋愛コンサルタントを初めて

「女性の魅力は、30歳を過ぎてからが本番だと思ってます」(24歳男性 SE)

という意見、10数年前より増えていると感じています。
実際、年下男性と結婚している事例もチラホラ。
それも、10歳以上男性が下というパターンもあるから驚きです。

でも、これってとても素晴らしいことだと思うんですよ。
「女は若ければいい」
というのは
「若さを失ったら終わり」
ということでもあるので、ずいぶん失礼な考え方だと思うんです。

最近の若い男性たちの考えが、円熟してきた証拠だと感じます。
とはいえ、年下男性の場合は「彼がなかなか結婚を決意してくれない」
という場合もありえます。

今回のコラムでは、年下彼氏に結婚を決意させる方法についてお伝えします。

1.まず、彼の仕事の状態を確認

結婚を決断するのに最も重要なことは、彼の仕事です。
「今、仕事が安定し、この先も安定しているかどうか」
が、全てになってきます。

女性が年上の場合、彼女が彼の経済力を気にしないこともありますが、
彼の方が「収入がこのくらいないとダメだ」と、勝手に思っていることもあります。

2.イベントを起こす

結婚は、2人の距離が近づくイベントです。

何もない時に「よし、結婚しよう!」となることは少なく、だいたい
結婚前のイベントがあることがほとんどです。

・どちらかの転職、転勤で仕事が忙しくなるか距離が離れる
・病気やケガ
・妊娠
・親の介護、死別

このような出来事が起こると、結婚という流れになりやすいです。

3.ブライダルフェア、住宅展示場などに連れて行く

そうはいっても、イベントなんて簡単に起こらない!
という場合は、あなたが起こしてしまいましょう。

「ちょっとついでに」程度の気持ちで、ブライダルフェアか住宅展示場へ
2人で行ってみましょう!

とにかく、新生活を何となくイメージさせるというわけ。

この方法は、彼が結婚に強い拒否反応を示している場合は
逆効果になることもありえます。
しかし、彼に誠実さがある場合「彼女に言われて、初めて真剣に考える」
こともありえます。

考えている間は、結婚について無言になってしまう男性が多いと思いますが

いい男がいない…と思った時の対処法

2019-02-08

「44歳ですが、30代の終わりごろから婚活を始めました。
が、全然いい男に巡り合えません。
結婚相談所にも登録して、年収で振り分けた婚活とか職種別とかいろいろ試してみましたけど、
しょせん婚活に来る男なんてその程度と思わされるばかり。
そんなこと考えたら見つからないと反省したりもしているのですが、
何といいますか満足させてくれるような男性に巡り合うことができないんです。
妥協すればいいんでしょうけど、今まで頑張ってきたのにここにきて妥協する?という思いもあります」
(44歳女性 医療関係)

このテのお悩みは、婚活をしている女性で最も多いといえます。

付き合いの浅い状態の女性を満足させられる女性は、年齢を重ねるごとに少なくなり、
40歳くらいになってくると、絶滅寸前といえるでしょう。

「えー、それじゃあ妥協しろって言うんですか?」

いやいや、そういうわけではありません。

ちょっと見方を変えるだけで、いい男はまだまだ残っていることに気づく方がほとんど。
今回のコラムでは、いい男の見つけ方についてお送りします。

【いい男の定義を考えてみる】

定義を考えるというと難しいようですが、いい男がいないという方は
「人からうらやましがられる彼を見つけたい」
と考えていることが少しばかりあります。

しかし、現実的に言うと「夫を人に見せる」ということは
結婚後長くて1年くらいのもの。
それ以降は、各自の友達の集まりは個別で行っている夫婦が多くなります。

最も大切なのは
「1人でいるより、彼といるのがラクかどうか」
なんですが、これについては、何度か2人で会ってみないとわかりません。

【察してもらうのをやめる】

いい男は、女心をよくわかっていると私も思います。
こちらがちょっとサインを出すだけで、気持ちを理解してくれるので
一緒にいてラクなんですよね。

しかし、付き合いの浅い段階でそれができる男性は既婚者であることが多く
長年の結婚生活や育児で、察するスキルがアップしているのです。
もしくは、常に女の影があり、2~3人彼女がいるような男性ですね。

独身男性の場合、こちらが言えば慌てて行動する人は大勢います。
ですから、察してもらうのをやめるだけで、いい男の数が増えるといえるでしょう。

【ファッションは差し引いて考えて】

もう1つ、独身男性で残念なことは、ファッションのヤバさです(笑)

「服は自分で買いますが、古いものは嫁が捨てちゃうんですよ」(40歳男性 結婚10年)

同じ年齢ですと、どうしても既婚者の方が清潔に見えてしまうのは、
何らかの形で嫁メンテナンスが行き届いているからなんです。

「ちょっとさえないファッションだな…」

くらいであれば、一緒に暮らした後、いくらでも改造ができます。

幸せそうな結婚をしている人は、確かに妥協しているといえます。
ですが、若くして結婚した人より、自分に合ったパートナーを見つけている人が
多いのもまた事実。
ちょっと考え方を変えているだけで、こだわりのない箇所は気にしないように
しているというだけなんです。

え、これだけ!?自分探しをしなくても、運命の人がわかる方法

2017-05-23

よい恋愛をするうえで、自分探しをしておくことは非常に大切です。

といっても、自分探しのために旅に出たりする必要はありません(笑)。
家にいてもできる、とても簡単な方法です。

ノートに

・付き合いたい異性のタイプ
・付き合いたくない異性のタイプ

この2つを書いてください。
思いつくまま「ちょっと理想が高いかな?」と思っても、気にせず書いていきましょう。

書いて書いて、書きまくりましたか?

この2つを書き終わったら、
「付き合いたい異性のタイプ」
の項目で
「絶対に譲れない!」
ことに、○を2つしましょう。

○をつける2つは、何でも構いません。

もちろん「顔と学歴」でもいいんですが、その場合「浮気をしない」「8時に家に帰ってくる」などという項目に関しては、付録と同じで「ついていたら幸運だ」くらいの認識にしておきましょう。

顔と学歴を優先し、他の物を捨てる感じになりますね。

正直申し上げて、○をする2つは、内面的なこと(自分が定まっていて、私の仕事を応援してくれる…など)にした方が、幸せな恋愛や結婚に結びつきやすいのは事実。
なぜなら、内面的なものは、そう簡単に変わることはないからです。

このやり方は、物件を探すときに似ています。

引っ越しをする場合
「駅から近い」
「建物が新しい」
「部屋は、南向きの角部屋で…」
「バストイレは別」
と、理想の条件をあげるとキリがありません。

ですが、自分が払える家賃などを考えると「このくらいかな…」という妥協点が見えてきます。

しかし、恋愛となると一部の人は「完璧なパートナー」を探そうとしてしまうことがあるんです。

「いつも、同じようなパターンを繰り返す」
「出会いの場に出てはいるけど、なかなかいい人が見つからない」

このようなお悩みがある場合、自分探しをしながら異性とデートをすることを、強くおススメします。

【自分の送りたい人生について考える】

もう一つの自己分析の方法ですが「自分の送りたい人生について考える」ということ。

実は、幸せな結婚をしている人は「彼が好きだから」というより、自分自身をよく分析したうえで、それにフィットした人と結婚しているのです。

ちょっと現実的なお話で申し訳ないですが「好き」という気持ちは、実は結婚して4年くらいすると落ち着いてしまいます。どんな大恋愛であっても!です。

そのとき、送りたい人生にフィットしている彼だと、親友のような息の長い関係を築くことができます。

そうでないと、子供だけが生きがいになったり、他に好きな人ができて、家庭内別居してしまうことがあります。

そうはいっても、送りたい人生なんてない!という人がほとんどだと思います。

30歳を過ぎている場合、人生の中で何を大切に考えるのか、かなり個人差が出てくるんですよね。
愛なのか、お金なのか、世間体なのか。

意識のうえでは
「私は○○が大切です」
と思っていたとしても、無意識ではそうじゃなかったりするので、自分で考えてもよくわからない方は
個別相談などで第三者に話を聞いてもらうこともオススメです。

好きな人にはすかれず、どうでもいい人に好かれるのはなぜ?

2017-03-26

「出会いはあるんです。でも、好きな人には好かれず、どうでもいい人に好かれるんですよ…」

そういう方のお話をよく伺うと

・理想が高すぎる
・男性の長所を見逃している

この2点に当てはまることが多いんですね。

要するに「こういう人と付き合いたい」という気持ちが強すぎて、目の前の相手に感謝するのを、忘れてしまっているんです。
結婚となると、一生をかけた買い物みたいなものなので、その気持ちはよくわかります。

ですが、ちょっとその気持ちは横に置いておいて「今、ここ」の相手に感謝してみませんか?
感謝の気持ちを述べるポイントですが「当然のことに感謝すること」を、強くオススメします。

あなたの都合のいい待ち合わせ場所を選んでくれた、仕事が忙しいのに時間を調整してくれた、少し多めに支払ってくれた……など、感謝すべきところはたくさんあるはず。
それを一人につき一つは見つけて、デートが終わったら相手に伝えてみましょう。

婚活世代(30代~40代)の男性は、仕事などで、ダメ出しはいろいろさせられています。
ですが「褒められること」って、あまりされていないんです。

もともと、男性は自分のパフォーマンスを女性に喜んでもらいたい生き物。
ですから、小さなことに感謝すると「こんなことで喜んでくれるなんて!」と、逆に相手が感動する場合があるのです。

そして、付き合いが深まるともっといろいろやってくれるようになるもの。

【扱いがイマイチな男性と出会った場合】

とはいえ、男性から割り勘にされたり、適当な扱いだったりされることもありますよね?

そういう場合は「デートに来てくれた」ことだけ感謝しましょう(笑)。

で、ここからが大切なんですが「もしかしたら、自分は他の人に同じことをしていないか」とちょっとだけ考えてみましょう。

人間関係は「自分がしたことが、別のかたちで返ってくる」ことが多いです。
自分が好きじゃない男性にした振る舞いが、そのまま返ってきているだけ……ということは、珍しくない出来事。
次回から、その行動を改めればいいだけです。

この一連の行動ですが、自分のタイプじゃない相手にもすることがポイントです。

就職の面接でも、第一希望の会社だけでなく、滑り止めの会社もいくつか受験して、面接の練習をしますよね?
それと同じで、あなたにとってどうでもいい男性に感謝することで、本命の男性といい関係を築くための練習になってありがたい! と思えばいいんです。

ちょっとおめでたい考えかもしれませんが、この精神でデートに望むと、結構うまくいくものですよ!

Copyright© 2016 つぐみ恋愛相談所 – 恋愛相談から結婚相手の紹介まで All Rights Reserved.