メインイメージ      

恋人が他の異性と親しげに話している…嫉妬した時にどうすればいい?

2017-03-28


人を好きになれば、多少なりとも嫉妬の感情は起きるもの。

代表的なものは
「好きな人(恋人)が、他の異性と親しげに話している」
という時に起こる感情でしょう。

嫉妬が起こる原因は様々ですが

「この人を思い通りにしたい」

という気持ちが強すぎることで起こる…そんな場合がほとんどです。
もう一つ「この人は、私をそれほど愛してくれていないのでは?」という気持ちが隠されています。

パートナーは自分のことを愛していないと感じる。
        ↓
よって自分より他の人やものの方が、パートナーは大切なのでは?と感じる。
        ↓
パートナーの愛が、他の人や、ものに行ってしまうような感覚を抱く。
        ↓
ハートブレイク(傷心)を起こして攻撃的になる。

この心理があると異性の人間だけでなく、仕事、時間、同性の友達、芸能人などなど、ありとあらゆるものに嫉妬が生まれます。

「どうせ私より、仕事のほうが大切なんでしょ!」とか、「僕と話すよりも友達と電話している時間の方が長くない?」という感じです。

嫉妬をしている時は、攻撃的なものの言い方になっていることが多く、嫉妬をされている側にとっては面倒な気分になることがほとんど。「またその話?」「何なのその言い方!?」と言いたくなるかもしれません。

ですが、ここは「相手がこう言った、言わない」というより「こういう言い方をしたのはなぜだろう?」と、ちょっとだけ立ち止まって考えることが大切!

 

嫉妬心は恋愛において劇薬みたいなもの。
うまく扱うと、二人の関係を円滑にするスパイスのようになりますが、扱い方を間違えると、死んでしまうというか、関係を悪くさせてしまいます。

中には、恋人のちょっとしたことで嫉妬心を感じて心配する人もいます。
で、そういう人の多くは「彼(彼女)がこういう行動をするから心配するんだ!」と言います。

でも、あなた(や恋人)が嫉妬を感じるのは、本当にお相手だけのせいなんでしょうか?

ほとんどすべての人は、物事を見るとき、自分なりのバイアスをかけて見ています。(心理バイアスといいます)
自分の価値観や、過去の思い出、両親との関係などを感じながら、無意識に物事をゆがめてみてしまうことがあるんですよね。

で、恋愛は、その癖が非常に出やすいことがあります。
つまり、お相手は普通に暮らしているだけなのに、あなた自身の内側から、勝手に嫉妬心を生み出してしまうことがあるのです。

例)フェイスブックやmixiで、異性とのコメントのやりとりを見て心配する
→しかし、親しい間柄の場合は個別メッセに移行することが多いので、コメントはたいしたことがない

それだけならいいですが、不安な気持ちをぶつけすぎると、お相手もびっくりしますので、関係が崩壊してしまうことも!

恋人に嫉妬して苦しんでいる人へ

まず、自分が「嫉妬している」ことを自覚しましょう。
それで、その感情は本当に相手の行動から来るものなのか、自分の内側から生まれてくるものなのかを、一人で考えてみるといいと思います。

その際、恋愛サイトや本などのコラムを読みすぎないこと! 外部からの情報が多くなりすぎても、正確な判断ができないことがあるからです。

恋人から嫉妬されている人へ

「そんなに嫉妬されているなんて、愛されてるじゃーん♪」という考えは、一般的だと思います。
ですが、嫉妬は愛ではありません。

「あなたを思い通りにしたい」という欲であり、お相手は、あなたをコントロールできない自分に対して苦しんでいるといえるでしょう。
お相手を大切に思っていることを言葉や行動で示すことは構いませんが、相手に合わせすぎないようにしましょう。
世話好きな人ほど、相手の思い通りになりすぎて、疲れてしまうことがありますから。

良い恋愛というのは、とても穏やかなものです。
相手との距離が離れすぎず、詰まりすぎることもなく、ゆるやかに関係が進展していくもの。

どんな関係でも、心配や嫉妬が全くないことはありません。
ですが、自分の内側から生まれる嫉妬をコントロールできるようになれば、恋愛を長続きさせることができますよ!

Copyright© 2016 つぐみ恋愛相談所 – 恋愛相談から結婚相手の紹介まで All Rights Reserved.