メインイメージ      

え、これだけ!?自分探しをしなくても、運命の人がわかる方法

2017-05-23

よい恋愛をするうえで、自分探しをしておくことは非常に大切です。

といっても、自分探しのために旅に出たりする必要はありません(笑)。
家にいてもできる、とても簡単な方法です。

ノートに

・付き合いたい異性のタイプ
・付き合いたくない異性のタイプ

この2つを書いてください。
思いつくまま「ちょっと理想が高いかな?」と思っても、気にせず書いていきましょう。

書いて書いて、書きまくりましたか?

この2つを書き終わったら、
「付き合いたい異性のタイプ」
の項目で
「絶対に譲れない!」
ことに、○を2つしましょう。

○をつける2つは、何でも構いません。

もちろん「顔と学歴」でもいいんですが、その場合「浮気をしない」「8時に家に帰ってくる」などという項目に関しては、付録と同じで「ついていたら幸運だ」くらいの認識にしておきましょう。

顔と学歴を優先し、他の物を捨てる感じになりますね。

正直申し上げて、○をする2つは、内面的なこと(自分が定まっていて、私の仕事を応援してくれる…など)にした方が、幸せな恋愛や結婚に結びつきやすいのは事実。
なぜなら、内面的なものは、そう簡単に変わることはないからです。

このやり方は、物件を探すときに似ています。

引っ越しをする場合
「駅から近い」
「建物が新しい」
「部屋は、南向きの角部屋で…」
「バストイレは別」
と、理想の条件をあげるとキリがありません。

ですが、自分が払える家賃などを考えると「このくらいかな…」という妥協点が見えてきます。

しかし、恋愛となると一部の人は「完璧なパートナー」を探そうとしてしまうことがあるんです。

「いつも、同じようなパターンを繰り返す」
「出会いの場に出てはいるけど、なかなかいい人が見つからない」

このようなお悩みがある場合、自分探しをしながら異性とデートをすることを、強くおススメします。

【自分の送りたい人生について考える】

もう一つの自己分析の方法ですが「自分の送りたい人生について考える」ということ。

実は、幸せな結婚をしている人は「彼が好きだから」というより、自分自身をよく分析したうえで、それにフィットした人と結婚しているのです。

ちょっと現実的なお話で申し訳ないですが「好き」という気持ちは、実は結婚して4年くらいすると落ち着いてしまいます。どんな大恋愛であっても!です。

そのとき、送りたい人生にフィットしている彼だと、親友のような息の長い関係を築くことができます。

そうでないと、子供だけが生きがいになったり、他に好きな人ができて、家庭内別居してしまうことがあります。

そうはいっても、送りたい人生なんてない!という人がほとんどだと思います。

30歳を過ぎている場合、人生の中で何を大切に考えるのか、かなり個人差が出てくるんですよね。
愛なのか、お金なのか、世間体なのか。

意識のうえでは
「私は○○が大切です」
と思っていたとしても、無意識ではそうじゃなかったりするので、自分で考えてもよくわからない方は
個別相談などで第三者に話を聞いてもらうこともオススメです。

Copyright© 2016 つぐみ恋愛相談所 – 恋愛相談から結婚相手の紹介まで All Rights Reserved.