メインイメージ      

好きな人にはすかれず、どうでもいい人に好かれるのはなぜ?

2017-03-26

「出会いはあるんです。でも、好きな人には好かれず、どうでもいい人に好かれるんですよ…」

そういう方のお話をよく伺うと

・理想が高すぎる
・男性の長所を見逃している

この2点に当てはまることが多いんですね。

要するに「こういう人と付き合いたい」という気持ちが強すぎて、目の前の相手に感謝するのを、忘れてしまっているんです。
結婚となると、一生をかけた買い物みたいなものなので、その気持ちはよくわかります。

ですが、ちょっとその気持ちは横に置いておいて「今、ここ」の相手に感謝してみませんか?
感謝の気持ちを述べるポイントですが「当然のことに感謝すること」を、強くオススメします。

あなたの都合のいい待ち合わせ場所を選んでくれた、仕事が忙しいのに時間を調整してくれた、少し多めに支払ってくれた……など、感謝すべきところはたくさんあるはず。
それを一人につき一つは見つけて、デートが終わったら相手に伝えてみましょう。

婚活世代(30代~40代)の男性は、仕事などで、ダメ出しはいろいろさせられています。
ですが「褒められること」って、あまりされていないんです。

もともと、男性は自分のパフォーマンスを女性に喜んでもらいたい生き物。
ですから、小さなことに感謝すると「こんなことで喜んでくれるなんて!」と、逆に相手が感動する場合があるのです。

そして、付き合いが深まるともっといろいろやってくれるようになるもの。

【扱いがイマイチな男性と出会った場合】

とはいえ、男性から割り勘にされたり、適当な扱いだったりされることもありますよね?

そういう場合は「デートに来てくれた」ことだけ感謝しましょう(笑)。

で、ここからが大切なんですが「もしかしたら、自分は他の人に同じことをしていないか」とちょっとだけ考えてみましょう。

人間関係は「自分がしたことが、別のかたちで返ってくる」ことが多いです。
自分が好きじゃない男性にした振る舞いが、そのまま返ってきているだけ……ということは、珍しくない出来事。
次回から、その行動を改めればいいだけです。

この一連の行動ですが、自分のタイプじゃない相手にもすることがポイントです。

就職の面接でも、第一希望の会社だけでなく、滑り止めの会社もいくつか受験して、面接の練習をしますよね?
それと同じで、あなたにとってどうでもいい男性に感謝することで、本命の男性といい関係を築くための練習になってありがたい! と思えばいいんです。

ちょっとおめでたい考えかもしれませんが、この精神でデートに望むと、結構うまくいくものですよ!

Copyright© 2016 つぐみ恋愛相談所 – 恋愛相談から結婚相手の紹介まで All Rights Reserved.